プロジェクト体制

このプロジェクト「健康長寿の世界標準を創出するシステム医学・医療拠点」は、企業側(産業界)と大学側(アカデミック)が密接に協同して実現していくプロジェクトになっています。そのため、企業側の代表者がプロジェクトリーダー、大学側の代表者がリサーチリーダーとなり、タッグを組んで本プロジェクトの実現に邁進していきます。

中核機関

慶応義塾大学医学部・医学系研究科 慶応義塾大学病院

海外サテライト機関

米国国立老化研究所(National Institute on Aging) シンガポールKeio‐NUS CUTEセンター

サテライト機関

東京大学医科学研究所

参画企業 機関

  • 富士通
  • 島津製作所
  • 武田薬品工業
  • 三菱化学メディエンス
  • 日立製作所
  • リプロセル
  • コニカミノルタ
  • ピーエスシー
  • DNAチップ研究所
  • 京葉プラントエンジニアリング
  • テンクー
  • 産業技術総合研究所 ‎

サテライト機関 参画企業

クオンタムバイオシステムズ DeNAライフサイエンス