お知らせ

本COIプログラムのメンバーが集まり議論を行う平成26年度第1回全体会議を慶應義塾大学医学部にて開催いたしました。

2014年04月24日

シンポジウム「健康長寿の世界標準を創出するシステム医学・医療がもたらすイノベーション」は終了いたしました。

2014年03月25日

2014年3月22日(土)9:15~16:30にシンポジウム「健康長寿の世界標準を創出するシステム医学・医療がもたらすイノベーション」をアルカディア市ヶ谷私学会館 3F 富士にて開催いたします。

2014年03月5日

シンポジウム「健康長寿の世界標準を創出するシステム医学・医療がもたらすイノベーション」

主催: 慶応義塾大学
協力: 慶応義塾ヘルスケア産業プラットフォーム(K-PHI)
慶応義塾大学の「健康長寿の世界標準を創出するシステム医学・医療拠点」は、文部科学省 革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM) COI-Tに採択されています。

日時: 2014年3月22日(土) 9:15~16:30
場所: アルカディア市ヶ谷私学会館 3F 富士

参加費: 無料 (事前登録制) 先着300名
同時通訳あり

プログラム

Session 1 (午前9:15~)

「世界の老化研究の現状と将来展望」
司会:竹内 勤(慶應義塾大学病院長)

 

スピーカー

  • 広瀬 信義(慶應義塾大学医学部老年内科)
    “百寿者調査の成果と展望”
  • Edward G. Lakatta
    (Laboratory of Cardiovascular Science, National Institute on Aging, NIH)
    “The stress of Aging Viewed from Arterial Wall”
  • Mark P. Mattson
    (Laboratory of Neurosciences, National Institute on Aging, NIH)
    “Challenging the Aging Brain”
  • David Schlessinger
    (Laboratory of Genetics, National Institute on Aging, NIH)
    “Genetics and Aging”

 

ご挨拶

田村 憲久(厚生労働大臣)
末松 誠(慶應義塾大学医学部長)
清野 宏(東京大学医科学研究所長)

 

 

Session 2 (午後1:00~)

「慶應発 健康長寿の世界標準を創出するシステム医学・医療拠点」
司会:村井 純(慶應義塾大学環境情報学部長)

 

スピーカー

  • 松田 譲(COIビジョン1、ビジョナリーチームリーダー)
    “COIビジョン1 「少子高齢化先進国としての持続性確保」”
  • 秋草 直之(COI-T拠点プロジェクトリーダー、富士通株式会社相談役)
    “健康長寿社会への期待”
  • 洪  実(COI-T拠点研究リーダー、慶應義塾大学医学部)
    “健康長寿の世界標準を創出するシステム医学・医療”
  • 森川 富昭(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科)
    “健康情報プラットフォームと行動変容の可能性”
  • 山口 政仁(富士通株式会社 未来医療開発センタ)
    “富士通の次世代型医療情報システムへの取り組み”
  • 宮野 悟(東京大学医科学研究所)
    “個別化ゲノム医療とヘルスビッグデータを用いた健康長寿イノベーション”
  • 榊原 康文(慶應義塾大学理工学部)
    “医療ビッグデータ解析と機械学習そして予測”

 

ご挨拶

髙谷 浩樹(文部科学省 産学連携・地域支援課地域支援企画官)

仁賀 建夫(経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業研究官)

菱田 公一(慶應義塾大学研究連携推進本部長)

青山 藤詞郎(慶應義塾大学理工学部長)

 

 

参加お申込み

Web登録のみとなります。

 

お問合せ

シンポジウム事務局

〒160-8582 東京都新宿区信濃町35 総合医科学研究棟2N6
TEL: 050-5806-2720  E-mail: info [at] keio-coi.jp

 

アルカディア市ヶ谷 アクセス

〒102-0073 東京都千代田区九段北4丁目2番25号
TEL 03-3261-9921(代表)

http://www.arcadia-jp.org

交通アクセス

地下鉄 有楽町線・南北線 市ヶ谷駅(1またはA1)出口から徒歩2分
地下鉄 新宿線 市ヶ谷駅(A1またはA4)出口から徒歩2分
JR 中央線(各駅停車) 市ヶ谷駅から徒歩2分

対話型イノベーションワークショップ

 

日時: 平成26年3月23日(日) 9:30~12:30

場所: 慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎内 シンポジウムスペース

事前申し込み制(シンポジウムと同時申込み)

 

3月22日のシンポジウムは、平成25年度文部科学省大学等シーズ・ニーズ創出強化支援事業イノベーション対話促進プログラム「セキュア・デジタルデータに基づく高精細医療社会イノベーション」のワークショップとして開催します。

23日のワークショップでは、参加者が5~6人程度のグループに分かれ、シンポジウムの内容をもとにブレインストーミングを行い、より議論を深めます。
日吉キャンパス アクセス

 

交通アクセス

日吉駅(東急東横線、東急目黒線/横浜市営地下鉄グリーンライン)徒歩1分

※東急東横線の特急は日吉駅に停車しません。

 

 

2014_0322_keio_coi-t_sympo_small

COIキックオフシンポジウム(日本科学未来館)のポスターセッションにて本拠点の紹介を行いました。

2014年02月24日

COIキックオフシンポジウム

日時: 平成26年2月24日(月) 13:00-18:00

場所: 日本科学未来館 7階 (東京都江東区青海2-3-6)

主催: 文部科学省 / (独)科学技術振興機構(JST)

慶應医学新聞 (第746号2013.12.20)掲載 「実学が生むヘルスケア産業 第十一回」に研究リーダー 洪実が掲載されました。

2013年12月20日

一部抜粋:

>COIプログラムについてもう少しお話願います。

洪:今回、「健康長寿の世界標準を創出するシステム医学・医療拠点(中核拠点:慶應義塾、サテライト拠点:東大医科 研)」として、COI-T(トライアル)ということで採択され、研究リーダーを務めております。病院の電子カルテ、次世代型のエレクトロニックヘルスレ コード(EHR)のシステムを、慶應だけじゃなくて日本全国一元化できるものを作り、そこから創出される医療・健康ビッグデータを診断治療に役立てるとい うのをゴールにしました。慶應医学部は基礎臨床一体型を特徴としており、慶應病院でこうしたことをやるのはぴったりだと思います。慶應病院と関連病院、三 四会の開業医さんも含めたような大きな医療のネットワークを作り、情報をやりとりしたり、患者さんを紹介したりできるようなシステム。そういう未来のみん なが夢に描いているようなことを慶應病院で、世界に先駆けてやらせて欲しいという提案です。慶應医学部のユニークさを基に、理工学部やSFCと協働で良い システムを作る。IT化を推進し、新しい病院でそれを実装して始めることを、皆さんと一緒になって考えています。

慶應義塾大学事業説明会を富士通株式会社にて実施いたしました。

2013年12月2日