シンポジウム「日本食・食文化が切り拓く 健康長寿産業シンポジウム~慶應義塾における百寿総合医学研究と食育イニシアチブ~」は終了いたしました。

本COI-Tが協力している2014年6月27日(金)開催のシンポジウム「日本食・食文化が切り拓く 健康長寿産業シンポジウム~慶應義塾における百寿総合医学研究と食育イニシアチブ~」は終了いたしました。[PDF]

 

◇名   称:
日本食・食文化が切り拓く健康長寿産業シンポジウム

~慶應義塾における百寿総合医学研究と食育イニシアチブ~

 

◇実施目的:
近年、日本食への国内外の関心が高まってきたところ、平成25年12月4日に「和食」がユネスコ無形文化遺産 として登録されたことを受け、日本食への関心はさらに高まっており、特に健康食としての日本食が注目されている。
今後、日本食・食文化を世界に広め、日本の食産業が健康長寿型の食産業として世界に先駆けて成長していくためには、この科学的エビデンスの蓄積が急務となっている。
このため、食品企業や学術機関の研究者等に「日本食・食文化と健康長寿」というテーマへの関心を高め、
日本食・食文化と健康長寿についての産学官連携による科学的アプローチを促進し、健康食としての日本食の科学的エビデンスに基づいたアピールを通じて、国内外の健康長寿市場を開拓する機運を高めることを目指す。

 

◇日   時:平成26年6月27日(金) 15:00~19:00

◇場   所:慶應義塾大学三田キャンパス 北館1F 北館ホール

◇参 加 費:無料(事前申込制)

◇主   催:農林水産省

◇共   催:慶應義塾大学医学部

◇協   力:
健康長寿延伸のための食育イニシアチブ協議会
(独)科学技術振興機構 革新的イノベーション創出プログラムCOI-T拠点
「健康長寿の世界標準を創出するシステム医学・医療拠点」(独)科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(ERATO)「末松ガスバイオロジープロジェクト」
慶應義塾ヘルスケア産業プラットフォーム(K-PHI)